★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

じゃがいもパックの効果!シミのない美肌に導く5つのレシピ

      2018/06/24

 


じゃがいもパックに関心をお持ちのアナタ、さすが目の付け所が違いますね~♪
これは管理人が実証済みなので、自信を持っておススメします。

じゃがいもパックは以前から知られていますが、意外に実践する人は少ない気がします。
美白効果バッチリで低コストなので、やらないのは実にもったいない!

ということで今回は、じゃがいもパックの効果とお勧めレシピを紹介しましょう。
軽いものは2週間程度で、シミに変化が表れてきます。

くすみやシミにお悩みのアナタ、じゃがいもパックで美肌を目指してください♪
 

SPONSORED LINK

 

じゃがいもパックが美白に効果的な理由

じゃがいもには、美肌に効果的なビタミンCやB複合体、カリウム、マグネシウム、リン、亜鉛などのミネラルが含まれています。

ビタミンCは熱に弱い性質がありますが、じゃがいものビタミンCは加熱しても壊れません。
そのため、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防いでくれます。

じゃがいもはシミや傷を改善し、色素沈着を除去する効果があります。
また、ニキビや吹き出物を減らすことが知られています。

さらに、フリーラジカルの成長を妨げる抗酸化物質を含むため、老化防止の効果も期待できます。
 
※こちらでも紹介しています。
じゃがいも生汁の効果に衝撃!病気治療に役立つ優れたツール

 

じゃがいもパックのやり方

スライスして肌に載せるやり方は有名なので、こちらでは省きます。
また、茹でてマッシュしたものをパックする方法は、手間がかかる上に痒くなる人も多いため、リストには入れませんでした。

シンブルな材料と簡単な手順、かつ有効な5つのレシピです。
それぞれ効果に特徴がありますので、お好みでチョイスしてくださいね。

 

基本のじゃがいもパック

シミを徐々に薄くしていき、透明感のある美肌に導いてくれます。

  1. じゃがいも(中サイズ)の皮を剥き、おろし金ですりおろす。
  2. 皿などの容器に汁を搾り、コットンを浸して顔に塗る。
  3. 約20分後に水で洗い流す。

※私の場合、じゃがいもは約100gのものを、搾るときはリードのクッキングペーパーを使っています。
皿の上にペーパーを置いてすりおろすと、そのまま搾れて楽チンです (^-^)b

 

じゃがいもとレモン

より効果をアップさせたい場合は、レモン汁とはちみつを加えてください。
ビタミンCが豊富なレモン汁は美白効果を高め、はちみつは豊かな保湿剤として働き、レモン汁による乾燥を防ぎます。

    【材料】

  • じゃがいも:1個
  • レモン汁:1/2個分(大さじ1)
  • はちみつ:小さじ1
    【手順】

  1. じゃがいもをすりおろし、搾った汁にレモン汁を加え混ぜる。
  2. コットンで優しく顔に塗り、20分間ほど置いて水で洗い流す。

 

じゃがいもと人参

人参には、体内でビタミンAに変換されるβカロチンが含まれています。
ビタミンAは肌の若返りを促し、しわを取り除きます。また、皮膚のくすみを明るくする作用もあります。

    【材料】

  • じゃがいも:1個
  • 人参(小):1本
    【手順】

  1. 材料をミキサーに入れ、ペースト状になるまで混ぜる。
  2. 顔全体にパックを塗り、20分ほど経ったら水で洗い流す。

 

じゃがいもと牛乳

じゃがいもパックは、小じわの改善にも効果的です。
ビタミンCがコラーゲンの生成を助け、肌を引き締めてハリツヤを与えてくれますよ♪

また、牛乳には古い角質を除去するピーリング効果と、ターンオーバーを促し、皮脂細胞を再生する効果もあります。

    【材料】

  • じゃがいも:1個
  • 牛乳:小さじ1~2
  • グリセリン:数滴(なくてもOK)
    【手順】

  1. じゃがいもを、おろし金ですりおろす。
  2. 牛乳とグリセリンを加えてよく混ぜる。
  3. 顔に塗ったら10分間放置し、水で洗い流す。

 

 
じゃがいもパックの手順はOKでしょうか?
どれもシンプルで効果的なので、目的や好みに応じてお試しくださいね。
 
それでは次に、パックするときの注意点と、シミ予防のポイントを確認しておきましょう。
 

SPONSORED LINK

 

じゃがいもパックの注意点


 
パックは週に1~2回が目安ですが、肌をチェックしながら調整してください。
結果を急ぎたい管理人は、最初の1週間は毎日やってました(笑)

レモン汁を使用した後は、肌が敏感になっています。
紫外線の被害を受けやすいため、外出にはSPF15以上の日焼け止めを塗り、直射日光を避けてください。

使用うのは安全な自然素材ですが、人によっては肌に合わない場合もあります。
顔にパックする前に、腕の内側などでパッチテストをしてください。

より良い効果を得るために、材料は作り置きしないで、常に新鮮な材料を使いましょう。

 

シミ予防のポイント

  • シミの最も大きな原因は、日差しを長時間浴びることです。
  • 紫外線の強い午前10時から午後3時は、なるべ外出を控えるようにしましょう。

  • 出かける場合は、少なくともSPF15を含む日焼け止めを塗りましょう。
  • また、幅広の帽子やスカーフ、サングラス、日傘などで肌をガードしてください。

  • シミを予防するには、汚染物質から皮膚を保護することが大切です。
  • 車の排気ガスから肌を守ること、それから喫煙は絶対に避けましょう。

  • ビタミンEとCは、皮膚を汚染から守る抗酸化物質が豊富です。
  • 皮膚にビタミンCを塗布すると、ワントーン明るくするというデータもあります。

  • テレビやPC画面から発する光は、シミを作る原因になります。
  • 仕事で一日中PCの前にいる必要がある場合、こまめに休憩を取りましょう。

  • ホルモンのバランスが崩れると、シミになる可能性があります。
  • ストレスを軽減し、加工食品や赤身などの酸性食品を避けることで、ホルモンの変動を抑えます。

 

まとめ

じゃがいもパックの効果と、シミのない美肌に導くレシピを紹介しました。
1回のパックが数十円という安さも、お財布に優しいのが嬉しいですね。

最初は半信半疑でしたが、安いしストックしてあるので試したところ、2~3回で肌が明るくなりましたよ!

もちろん、肌に塗るものなので相性はあると思いますが、ぜひ試していただきたいですね。

※シミでお悩みの方は、こちらも参考にどうぞ。
顔のシミを消す方法!自宅で薬要らずの安全な最強レシピ2選
顔のシミ取りは自宅で!パセリの自家製ローションで消える!?
リンゴ酢がシミ取りと色素沈着の改善に効く3つの使い方
 

 
参考サイト:beextrahealthynow.net/it-removes-the-spots-from-your-face-in-just-3-nights/
stylecraze.com/articles/5-potato-face-pack-tutorials-with-pictures-and-detailed-steps/#gref
fabhow.com/get-rid-dark-spots-face-with-easy-home-remedies.html

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
SPONSORED LINK

 - 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

手汗が出なくなる方法!手軽な対策と最大72時間のクリームも

  手汗がひどいと、日常生活にも支障をきたしてしまいます。 マウスがべ …

睡眠アロマスプレーの使い方!足裏にシュッシュで眠れる♪

  睡眠不足や不眠が続くと、様々な病気の要因にもなります。 心身の健康 …

オリーブオイルおすすめ7選!美味しい本物をお探しですか?

  オリーブオイルは美容・健康メリットが多く、料理や調味料にも重宝され …

インフルエンザ予防の食べ物!予防摂取より安全で効果絶大?

  インフルエンザの流行時期が近づくと、予防接種を受ける方も多いでしょ …

癌に効く食べ物?!科学者が考案した最強の自然療法とは

食べ物は健康に直接影響するといいます。 病気に効くとされる食べ物は多岐にわたり、 …

インフルエンザに効果あるアロマと使い方!風邪や喉の痛みにも

今年はインフルエンザが猛威を振るいました。 病院は診察待ちで大混雑ですし、猛烈に …

頭痛を治す効果的な方法!生姜は自然のアスピリン?

頭痛が起こると集中できなくなり、酷い場合は吐き気や体力消耗にもつながります。 こ …

視力回復に効く飲み物!レシピは聴力と記憶力アップ効果も

  視力が下がると常に目の前がぼやけて、何をするにも本当に不便です。 …

危険な食品リストにトマト缶!医師が確実に避ける食べ物に衝撃

口に入れたら危ない食べ物といえば、毒の成分を持つ不気味な植物や、菌の温床である生 …

ココナッツオイルを洗顔に混ぜる?重曹との相乗効果がスゴイ!

  ココナッツオイルを、洗顔に混ぜて使ったことありますか? いやいや・ …