★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

ダイエット成功の秘訣を医師が解説!朝食を抜くのは逆効果?

      2015/10/20

ダイエットで急激にカロリー制限をすると、危険を感じた体は空腹から保護するため、新陳代謝を遅らせます。

新陳代謝が鈍っていても空腹なので、結果として食べ過ぎてしまいます。
必然的に、ダイエットを止めたときに、以前の体重より増えてしまうのです。

mindbodygreenでは、食べすぎを抑えるダイエット成功の秘訣を、マーク・ハイマン医師が解説しています。
今までダイエットが失敗続きの方は、再チャレンジする機会かもしれません。
diet-617756_640
 

SPONSORED LINK

 

【本物(天然)の食べ物】

体重を減らして食べ過ぎを避ける重要なポイントは、食事に未処理(自然)の食品を含むことです。

つまり野菜や果物、全粒穀物、豆、ナッツ、有機の種子、オリーブオイルの他、鶏肉、牛肉、豚肉、卵と小魚類に切り替えることです。

加工食品は美味しいですが、添加物などが大量に含まれていますので、健康面を考えても控えるのが賢明です。

 

【朝食は必須】

朝食を抜くことで、結局は空腹を感じることになります。
すると、満腹と感じるための必要な量より、はるかに多くの食べ物を摂取してしまいます。

最近の研究では、平均30㎏の減量後に6年間維持した3,000人のほとんどが、定期的に朝食を取っているそうです。

朝食を抜いた人々で体重を維持できたのは、わずか4%という結果でした。
以前から朝食の重要性は知られていますが、その日のコンディションにも影響するということですね。

 

【注意深く慎重に食べる】

あなたは、腸の神経系がきちんと働くためにリラックスする必要があります。
ストレスを感じている場合は食物を消化せず、ストレスホルモンは代謝を遅らせます。

食べ始めてから脳に伝わるのは20分間かかるため、急いで食べると満腹と感じるまで時間のロスがあり、結果的に食べ過ぎてしまいます。

早食いは消化に悪いだけでなく、肥満の原因にもなるということです。
食べる速さが自慢という人は、これを機にゆっくり食事するように心がけましょう。

 

【食事の日記をつける】

食べるものと食後に感じたことを書き留めるのは、食事内容や習慣を見直すための優れた方法です。

文字に記して自己探求することで、体重減少につながるケースが多いといいます。
マーク・ハイマン医師は、「あなたは人生とカロリーを、効果的に新陳代謝させます。」と言っています。
 

 

【十分な睡眠とストレスレベルの制御】

必ず毎晩、途切れない8時間の良質な睡眠をとってください。
しっかり眠ることで食欲を抑え、脂肪調整ホルモン類を正常化します。

睡眠の部分的な遮断さえインシュリン抵抗に関与することが、1つの調査で明らかになりました。
そして、肥満と2型糖尿病への道を切り開きました。

きつい仕事や夫婦間の緊張、睡眠不足など多くの問題が短期間に集中すると、慢性ストレスが起こり食べ過ぎにつながります。

瞑想やヨガ、または深呼吸などを取り入れストレスを解消し、積極的にリラックスすることを学んでください。

 

【適度な運動】

適度な運動をすると体重の減少に役立ち、食べ過ぎを防いで食欲をコントロールします。
少なくとも毎日30分のウォーキングを目指してください。

多くの人は肥満を解消し食事内容を元に戻すため、よりハードな運動の継続を選びますが、ダンスや自転車に乗ること、ゲームやトランポリンは楽しむ程度にしましょう。

確かに、激しい運動をしたからといって、必ずしも減量にはつながらないそうです。
脂肪燃焼には適度な有酸素運動が有効なので、毎日続けることがポイントですね。

 

【まとめ】

食べ過ぎを抑えて減量する方法を紹介しましたが、いかがでしょうか。

ダイエットに失敗する原因は色々ありますが、単にカロリーを抑えて運動すれば痩せるわけではないのですね。

ストレス太りという言葉もありますし、食べるのを我慢して逆に太るなんて本末転倒です。

つまり、良質な食材をゆっくり食べて、十分な睡眠と適度な運動をすることです。
結果的にストレスも溜まりにくくなり、ダイエット成功につながるということです。

 

参考サイト: mindbodygreen

SPONSORED LINK

 - 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

花粉症が悪化する原因の食べ物!春と秋で避けるものが違う?

花粉症シーズンは本当に辛いですね~・・・ 私は秋花粉で鼻詰まりが酷いのですが、春 …

髪をストレートにする方法!パーマやアイロン不要でサラ艶に

くせ毛と髪のパサつきが悩みの自分にとって、滑らかなストレートヘアは憧れです。 同 …

アボカドの栄養と効能!最も栄養価の高い果物の実力とは!

  アボカドは美味しいだけでなく、「最も栄養価の高い果物」としてギネス …

人参ジュースの栄養効果に驚愕!がん細胞が消えた事例と作り方

  人参(にんじん)には豊富なカロテンが含まれており、非常に栄養価の高 …

オリーブオイルのヘアパック効果!髪と頭皮に良いやり方5選

  美容・健康メリットが魅力のオリーブオイルですが、髪や頭皮にもメリッ …

冷たい水が体に悪い3つの理由!水を飲んでも脱水症状に?!

連日の猛暑に耐えきれず、冷たい水を飲む回数が増えてしまいます。 冷たい飲み物はス …

アルツハイマーを予防する食べ物で発症リスクを大幅に低減!

  アルツハイマーは認知症の要因の1つで、初期症状では記憶障害や判断力 …

イソプロピルアルコールの用途!こんな症状にも使える殺菌効果

  消毒用アルコールには一般的なエタノールと、イソプロピルアルコール( …

リンゴ酢風呂の効果でアトピーや体臭など全身のお悩み解消!

  風呂に酢を入れる「酢浴」が美容・健康に良いのは知られていますが、リ …

ベロ回しで小顔やアンチエイジングに抜群の効果!

「ベロ回し体操」をご存知でしょうか。 ほうれい線の解消をはじめ、二重あごや顔の歪 …