★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

日焼けした肌のお手入れ方法!ダメージ肌もバッチリ改善

      2016/05/25

真夏の炎天下に長時間いたら、うっかり日焼けしてしまった・・・
こんな経験は誰にもあると思いますが、真っ赤に焼けた肌はヒリヒリ痛いし泣きたくなります ( ノД`)

日焼けは火傷と同じ状態なので、肌の急速な老化につながりますし、悪化すると皮膚がんになる恐れも!
もちろん防止対策は必須ですが、日焼け後は早急にケアする必要があります。

この記事では、日焼けした肌のお手入れ方法を紹介します。
ダメージを受けた肌も、これでバッチリ改善させましょう♪
 
halo-429890_640
 

SPONSORED LINK

 

日焼け後の肌に湿布

赤くなったりヒリヒリ傷む肌は、保護と再生効果のある湿布でケアしましょう。
材料は自然の食材ばかりなので、安心して使用してください。

 

じゃがいも

じゃがいもに含まれるデンプン質は、日焼け後の肌を保護します。

スライスした断面を、痛みの強い部分に擦り付けます。
集中的にケアする場合は、冷たいじゃがいもをすりおろしガーゼなどで湿布します。

 

オートミール

全身の日焼けをケアするのに有効です。
カップ1杯のオートミールをフードプロセッサーにかけ、ガーゼなどに包んで浴槽の水に入れたら全身浸かります。

 

緑茶

カテキンが紫外線から肌を保護し、タンニンは日焼けによる痛みを和らげます。

ティーバッグ2つを冷水に浸し、痛みのある部分に湿布します。
もちろん、普段から外出の時間帯や衣類の工夫は必要ですが、毎日2杯の緑茶を飲むことで日焼けを予防する効果があります。

 

いちご

いちご含まれるタンニンは、日焼けによるダメージを軽減する作用があります。

完熟イチゴをつぶして日焼けした肌に塗り、数分後に洗い流します。
あるいは、水とコーンスターチを混ぜてペースト状にし、厚く塗る方法もあります。

 

きゅうり

日焼けした後の肌には、きゅうりをすりおろして肌に塗ります。
予防対策としては、きゅうりの汁とグリセリンを混ぜて外出時に塗ると効果的です。
※きゅうりは有機だと効果がアップします。

 

アロエ

日焼け対策としてアロエの果肉は定評があります。
アロエがが入手できるなら、最初に葉を折って汁を肌につけてパッチテストしてください。
アロエがない場合は、ドラッグストア等でアロエペラ・ゲルを購入して使用するのもおすすめ。

 

レタス

日焼けによる痛みを和らげる鎮痛効果があります。
レタスの葉の煮汁を冷蔵庫で数時間冷やし、コットンに浸して炎症を起こした皮膚を優しく拭きましょう。

 

無脂肪乳

日焼けの不快感を和らげ、皮膚のタンパク質を生成します。
清潔なガーゼで牛乳を肌に塗布し、15~20分間隔で2~4時間ほど繰り返します。

 

SPONSORED LINK

 

日焼け予防対策に有効な食べ物

日焼け止めを塗る方も多いと思いますが、それだけでは不十分だったりします。
肌の保護効果のある食べ物を取り入れて、普段から予防対策しておきましょう。

 

トマト

太陽の強い日差しから肌を保護する効果があります。
ある研究によると、リコピンが豊富なトマトペーストを3か月間毎日5杯食べたボランティアは、日焼けに対して25%以上の保護効果があったそうです。

 

ダークチョコレート

日焼けによるリスクが半減する効果があります。
緑茶と同じカテキンを成分を含みますが、カカオ含有量の多いチョコレートは、より多くの栄養と酵素により皮膚の保護に役立ちます。

 

まとめ

湿布に使ったり塗る方法が圧倒的に多いですが、もちろん全て食べられるので安心してください。
塗っても食べても日焼けに効果的なんて、食べ物のパワーは素晴らしいですね。

もちろん、深刻な状態の日焼けは即行で病院ですよ。
でも、市販の日焼用ローションで足りる程度なら、食べ物を使ったケア方法を試してみる価値はあります (^^)b

実は私、過去に日焼けで失敗した経験が・・・
ワイキキビーチで2時間ほど過ごしたら、全身が真っ赤で服の着脱もシャワーを浴びるのも痛くて大変でした。

その日は夕方の予定もキャンセルして、部屋でひたすら苦しんでいました・・・(苦笑)
ABCストアから日焼け後のゲルを調達して切り抜けましたが、日差しを甘く見たら痛い目に遭うという教訓です。

これから夏本番を迎えると、万全な日焼け対策が必要になります。
いつでも対応できるように、冷蔵庫の中身をチェックしておきましょうね。

 

 

SPONSORED LINK

 - 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

脳を活性化させる食べ物で記憶力75%アップと視力回復も!?

受験や資格試験の勉強に挑む人だけでなく、物忘れが増えてきた世代にとっても、記憶力 …

梅の健康効果が想像以上!不妊治療やアンチエイジングも?

「梅は医者いらず」といわれるほど効果・効能に優れ、昔から健康増進や病気予防に重宝 …

抗炎症作用のある食べ物!臨床栄養士が推奨する最強リストとは

  ケガや病気で患部が腫れたり痛むのは、治癒を促進する正常で効果的な免 …

がん予防の食べ物レシピ!古代の健康食品「パステル」とは?

「パステル」という食べ物をご存知でしょうか? 6000年前の古代ギリシャに存在し …

慢性痛の原因はストレスだった?痛みがあるなら要チェック!

頭痛や腰痛など、体の慢性的な痛みに悩んでいる方も多いでしょう。 その慢性痛、原因 …

シトロネラの虫除け効果!安全な手作りスプレーで蚊を撃退

夏はキャンプや花火大会など、薄着で外に出る機会が多くなります。 そんな楽しい気分 …

過敏性腸症候群の治し方!ガスや腹痛にミントオイルが効果的

過敏性腸症候群(IBS)は、世界で最も一般的な機能性胃腸障害といわれています。 …

アボカドの栄養が妊婦さんに必要な理由!食べる注意点も

妊娠中は、バランスの良い食事をとることが大切です。 とはいっても体調が悪く食欲が …

横向きに寝ると肩が痛い!負担をかけず楽に眠れる方法は?

寝る姿勢は人によって違いますし好みもありますが、健康面を考えたら横向きで寝るのが …

睡眠に良い食べ物!寝る前の一口で今夜からぐっすり熟睡

不眠症は一般的な睡眠障害です。 寝不足は、日中の疲労感やパフォーマンスの低下、う …