★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

白湯の効果と作り方!飲むタイミングと摂取量が重要なポイント

      2016/05/25

白湯は沸かしたお湯を冷ましたもので、一般的に湯冷ましともいいます。
詳しい効能については分からなくても、冷え症に効果があるとか、胃腸に優しいイメージはあると思います。

白湯を飲むことで、美容と健康面で数々のメリットがあります。
白湯で得られる効果や作り方、効果的な飲み方のタイミングなども紹介します。
カップ

SPONSORED LINKS

 

白湯の由来と驚きの効果

白湯の効果はインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」から始まり、胃腸の働きを整えることが健康に重要とされました。

体温が下がると代謝や免疫力は低下しますが、白湯を飲むことで体温が1℃上がると、代謝は13%もアップします。

[こんな症状はありませんか?]

  • 季節に関係なく手足が冷えている
  • しっかり寝ても眠いし体がだるく重い
  • 少しのことでイライラしやすい
  • まり食べないのに太りやすい
  • 風邪をひきやすい

 

白湯を飲むことで得られる効果

白湯を飲むことで内臓が温まり、代謝がアップして血液の循環が良くなるので、老廃物が排出されやすくなります。

利尿作用で余分な水分が排出され、血液やリンパの流れが改善しますので、体重減少とむくみ・便秘解消につながります。

白湯を飲むことで血流が良くなるので、脂肪が燃焼されやすくなり、太りにくい体質になります。

人間の身体は60%が水分のため、白湯で水分補給することで肌に潤いを与え、乾燥肌の改善にも効果があります。

 

SPONSORED LINKS

 

効果的な飲み方

適温は50℃前後で、ぬるいより暖かいと感じる程度です。
一般的な方法は、やかんでお湯を10分ほど沸騰させ、冷ますのが良いとされています。

でも、それにこだわる必要はなく、普通にお湯を沸かしても良いしレンジで温めるだけでもOKです。
水道水でもミネラルウォーターでも使用できます。

ただ、浄水器を通していない水道水は、沸騰させてから冷まします。
そうすることでカルキ臭が抜け、まろやかで飲みやすくなります。

一日の摂取量は、700~800mlが目安とされています。
飲み過ぎは体に必要な栄養まで流れてしまい、健康を損なう恐れがありますのでご注意ください。

 

飲むタイミング

白湯が体に良いとはいえ、単に飲むだけでは効果が期待できません。
タイミング次第で大きな違いが出てきます。
 
【朝食前】
起床したらすぐに、約150ccをゆっくり飲みます。
一気飲みは内臓に負担がかかるので、すするように少しずつ時間をかけて飲みます。
水分補給と代謝がアップすることで、腸のぜん動運動と排便を促す効果もあります。

【食事中】
1日3回の食事時にも、約150ccの白湯を飲みます。
食事の合間に飲むのを繰り返すことで、消火吸収をサポートします。

【就寝前】
寝る前にも約150ccの白湯を飲みます。
リラックス効果がありますので、深く心地良い眠りが得られます。

 

飲み忘れた場合は

朝の忙しい時間帯や、外食先では飲めないこともあります。
その時間に必ず飲まなくてはいけないものではないので、他の時間に飲めばいいのです。

基本は朝・昼・夜に分けて飲みますが、それほど神経質になる必要はないので、飲めるタイミングで構いません

人間が一日に必要な水分は1500~2000mlです。
白湯は800mlですから、その他は白湯以外の好きな飲み物を飲んでも構いません。

ただし、なるべく糖分を含まないお茶などを選びましょう。

 

まとめ

白湯を飲むだけで、代謝アップやデトックスができて、健康と美容に効果が得られるのは最高ですね。

それでは、白湯の効果と作り方のおさらいです。

  • 代謝アップと血液の循環が良くなる
  • 体重減少とむくみ・便秘解消
  • 脂肪が燃焼し太りにくい体質に
  • 乾燥肌の改善

※適温は50℃前後で、ぬるいより暖かいと感じる程度です。
※レンジでも可ですが、水道水は沸騰させてから冷まします。

有名な女優やモデルさんたちも、白湯を飲むのが習慣だそうですから、かなりの効果があると思われます。

高価なサプリメントも必要ないですし、お金も手間もかからず手軽にできますね。

冷え症で手足が冷たい、疲れやすくイライラする、痩せにくいなどの悩みがある人は、すぐにでも始めてみましょう。

 

SPONSORED LINKS

 - 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アボカドの栄養が妊婦さんに必要な理由!食べる注意点も

妊娠中は、バランスの良い食事をとることが大切です。 とはいっても体調が悪く食欲が …

咳を止める方法は湿布!はちみつ効果バッチリの自家製レシピ

  風邪や気管支炎で咳が続くと、胸は痛いし体力も消耗してしまい、何も集 …

ビーツジュースの効能が凄い!がん細胞さえも消える威力

  栄養価の高さから「奇跡の野菜」といわれる赤ビーツ(ビートルート)で …

重曹水を飲む効果!辛い痛みと不快感が緩和する驚きの作用

  重曹の用途は広く、お菓子作りや掃除に限定されません。 肌への効果も …

肌荒れの原因と対策!グルテンや乳製品を避けると美肌になる?

くすみや吹き出物など、女性にとって肌荒れは深刻な悩みです。 高価な化粧品で念入り …

リンゴ酢の使い方と飲み方27選♪優秀すぎる用途に驚き!

  リンゴ酢は美味しくて栄養豊富なので、手軽な健康法として人気を集めて …

顔のシミを消す方法!自宅で薬要らずの安全な最強レシピ2選

  鏡を見るたびに、現実逃避したくなる管理人です。 気が付けば顔のシミ …

血糖値を下げる食べ物!最強食材で作る効果抜群のレシピ

血糖値を下げる食べ物やは色々ありますが、個々の素材でメニューを考えるのは難しいも …

シトロネラの虫除け効果!安全な手作りスプレーで蚊を撃退

夏はキャンプや花火大会など、薄着で外に出る機会が多くなります。 そんな楽しい気分 …

抗炎症作用のある食べ物!臨床栄養士が推奨する最強リストとは

  ケガや病気で患部が腫れたり痛むのは、治癒を促進する正常で効果的な免 …