★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

リンゴ酢をアトピーに塗ると?驚きの作用と効果的な使い方

   

 
リンゴ酢の肌への効果は、ニキビ治療や頭皮ケアなど多岐にわたりますね。
こちらでも一部を紹介しています。
リンゴ酢の肌への効果に驚き!頭から足まで皮膚の悩み解消

数々の素晴らしいメリットから、今回はアトピー性皮膚炎への効果に注目しました。
リンゴ酢は、アトピーの改善にも威力を発揮するんですね!

うちの息子も幼い頃、アトピーに苦しみまして・・・
ステロイド剤の多用は避けたいと思いつつ、痒くて泣く姿を見るのが辛くて塗ってしまいました。

リンゴ酢の効果を知っていたら、と思うと悔しいですね~。
塗り薬のように深刻な副作用もないですし、リンゴ酢は万能なのでコスト面でもお得です。

この記事では、リンゴ酢が皮膚疾患に効果的な理由と、塗る・飲む方法の具体的な使い方を紹介します。
アトピー性皮膚炎や湿疹にお悩みの方は、リンゴ酢を試してみてください。
 
 

SPONSORED LINKS

 
 

リンゴ酢がアトピー性皮膚炎に効果的な理由

黒酢や木酢液、竹酢液など酢には色々ありますが、湿疹に効果的という話は聞きますね。

中でもリンゴ酢は、実践者の多い欧米では驚くほど効果的と評価が高いのです。
それでは早速、その素晴らしい働きを見ていきましょう!

 

抗真菌作用

リンゴ酢には多くの抗真菌性と抗菌作用があり、湿疹の原因となる細菌を死滅させます。
定期的に使用することにより、原因菌の増殖を防ぐことができます。

細胞の再生

リンゴ酢には、細胞の再生に役立つβカロテンが含まれており、血色の良い健康な肌に導きます。

症状の緩和

アレルギー症状を緩和するカリウムが豊富です。
また、皮膚のpHバランスを正常に保ち、収斂(れん)剤としても働きます。

免疫系の強化

リンゴ酢はビタミンB1、ペクチン、多くのミネラル、酢酸、ミネラル塩およびリボフラビンを含みまます。
これらは、免疫系を高めて、湿疹を改善するために重要な成分です。

毒素の除去

リンゴ酢はミネラルやビタミンに加え、湿疹を引き起こす可能性のある毒素を洗い流すため、私たちの体が必要とする繊維を含みます。

かゆみの軽減

リンゴ酢は乾燥肌にとってプラスの効果があり、かゆみを和らげることができます。

 
 
これほどの効果・効能があるのですから、アトピーにも効きそうですね!
それでは引き続き、リンゴ酢の具体的な使い方を見ていきましょう。

 

リンゴ酢でアトピー性皮膚炎を改善するための使い方

リンゴ酢の抗菌・抗真菌作用により、アトピー性皮膚炎などの湿疹を効果的に治療することができます。
塗るのも飲むのも効果的なので、お好きな方法で試してみてください。

濾過されていない有機リンゴ酢を選びましょう。
有効成分が沈殿しているため、ボトルの中身が濁っているのが特徴です。

 

リンゴ酢を薄めて塗る

この方法は、敏感肌や広範囲の湿疹の炎症に適しており、皮膚の潤いを回復させ、死んだ皮膚細胞を除去します。

  1. 小さなカップに同量の酢と水を混ぜます。
  2. 敏感肌の方は、例えば水3カップに対し酢1/3カップの比率で。
  3. スプレーボトルか密閉容器に入れます。
  4. 肌に直接スプレーするか、コットンで塗布します。
  5. この方法は朝と夜に実践します。

 

酢浴で全身のケア

湿疹が広範囲に発生した場合は、酢のお風呂がコンディション管理に役立ちます。

  1. 熱すぎない浴槽のお湯に、カップ1~2杯のリンゴ酢を注ぎます。
  2. 効果アップのため、ココナッツオイルを1/3カップ加えましょう。
  3. より良い効果を得るため、少なくとも30分間は浸かってください。
  4. 週に3回は繰り返すと効果的です。
  5. ※手や足などを浸す場合は、たらいにリンゴ酢1/4~1/2カップ入れます。

 

リンゴ酢ドリンク

多くの湿疹患者に不足がちなカリウムを補給し、体内から鎮静させる効果があります。
毎日の習慣にすることで、辛い症状を軽減するのにに役立ちます。

  1. お湯16オンス(約500ml)にリンゴ酢大さじ1杯を混ぜます。
  2. はちみつかメープルシロップを、小さじ1杯加えます。
  3. 一日につき3回まで、食事の30分前に飲みましょう。
  4. ※水の代わりに、新鮮な野菜ジュースかフルーツジュースでも。

 

リンゴ酢と重曹

最初は飲みにくいかもしれませんが、これは痛みや痒みなどの苦痛を軽減してくれます。
定期的に飲むようにしましょう。

  1. カップ1杯の水に、大さじ2のリンゴ酢と小さじ1/4の重曹を加えます。
  2. 泡立つまでしばらく置いて飲みます。
  3. お好みで紅茶と少量のはちみつを加えてもOK。

※重曹は炎症を軽減し、皮膚をデトックスするのに役立ちます。
つまり、抗真菌および消毒作用の働きをするということ。
 

リンゴ酢をアトピーの治療に使うときの注意点

  • リンゴ酢は必ず薄めてから使用してください。原液で飲んだり塗ったりすると、皮膚や胃に強い刺激を与えてしまいます。
  • 酢を塗った肌は乾燥しやすいため、バージン・ココナッツオイルか、エキストラバージン・オリーブオイルで保湿しましょう。
  • リンゴ酢は特定の薬と相互作用するため、服用している場合は医師に相談してください。
    特に糖尿病や慢性消化不良、胸焼け、消化性潰瘍、妊娠または授乳中は注意が必要です。
  • 乳児への使用は避けてください。
    1歳未満の子供に使用する場合は、事前に医師へ相談することをお勧めします。
  •  

    まとめ

    アトピー性皮膚炎を改善するために、リンゴ酢の効果と使い方を紹介しました。
    効果に個人差はあるにしても、副作用がないのは重要です。

    管理人はアトピーでないため試せませんが、頭皮のかゆみとパサパサ髪には効果抜群でしたよ♪
    しかも、初回で違いが実感できたのは驚きましたね~・・・

    欧米では、湿疹や皮膚疾患の治療に活用していますし、リンゴ酢の効果は実証済みなのでしょう。
    こちらでも紹介していますので、参考にしてみてくださいね。
    リンゴ酢のリンス効果で髪のパサパサ頭皮トラブルも改善♪
    リンゴ酢でイボを取るのは簡単!5日間できれいにスッキリ♪

    参考サイト:dailyhealthpost.com/apple-cider-vinegar-for-eczema/
    homeremediesforlife.com/vinegar-for-eczema/
     

     

    SPONSORED LINKS

 - リンゴ酢, 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

スリッパリーエルムの効能と飲み方!強力なハーブ療法の実力

  スリッパリーエルムをご存知でしょうか。 アカニレとも呼ばれる植物で …

アボカドの栄養が妊婦さんに必要な理由!食べる注意点も

妊娠中は、バランスの良い食事をとることが大切です。 とはいっても体調が悪く食欲が …

関節痛に効く食べ物!ゼラチンで痛みが7日間で緩和する?

  関節痛は加齢による膝痛だけでなく、背中や肩など全身に表れることも多 …

冷たい水が体に悪い3つの理由!水を飲んでも脱水症状に?!

連日の猛暑に耐えきれず、冷たい水を飲む回数が増えてしまいます。 冷たい飲み物はス …

人参ジュースの効果は癌だけじゃない!注目を集める理由とは

  人参(にんじん)ジュースの効果・効能が、熱い注目を浴びています。 …

がんの原因は食事だった!?リスクを高める意外な食べ物とは

一般的に癌(がん)の原因として、喫煙や大量のアルコール摂取、あるいは高脂肪、高た …

ベロ回しで小顔やアンチエイジングに抜群の効果!

「ベロ回し体操」をご存知でしょうか。 ほうれい線の解消をはじめ、二重あごや顔の歪 …

体臭の原因になる食べ物!重要なイベント前は控えたいリスト10

  とても清潔感が漂っているのに、鼻を突くような体臭の人っていますよね …

花粉症が悪化する原因の食べ物!春と秋で避けるものが違う?

花粉症シーズンは本当に辛いですね~・・・ 私は秋花粉で鼻詰まりが酷いのですが、春 …

脂肪を落とす方法!4日間で効果が出るドリンクレシピと飲み方

脂肪を落とすのは本当に大変で、自分との戦いともいえます。 毎日の食事やストレッチ …