★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

80年代ヒット曲!洋楽ディスコ前期のポップチューン5選

      2016/09/09

 
80年代の洋楽シーンは、70年代からの流れでディスコ・ブーム全盛期でした。
煌びやかなライトに、ミラーボールが懐かしいですね~ (人〃▽〃)

後期のユーロビートやハイエナジーに比べ、前期はメロディアスなポップチューンが主流でした。

CMやテレビ番組でも多用されていますので、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

今回は、80年代ヒット曲から前期の洋楽ディスコソングを紹介します。
聴いたらきっと、「あ~っ♪」と思わず声が出ますよ (^^)b
 
silhouette-767990_960_720
 

SPONSORED LINKS

 

I’m In the Mood for Dancing / The Nolans
(ダンシング・シスター / ノーランズ)

イギリスのチャートでは最高位3位ですが、日本ではオリコンチャートで1位を獲得!
1980年に日本で最も売れた洋楽シングルですよ (^o^)b

ソフトバンクや三菱自動車のCMに使われ、多くのアーテイストがカバーしています。

アイルランド出身の姉妹グループですが、実は1972年に、2男6女が両親とデビューしているんですね。

モリーン、リンダ、バーニー、コリーン体制になってからは、日本でも大ブレーク!
アイドル的な人気で、歌番組にも頻繁に出演していました。

洗練されたプロというより、どこか素人っぽさが残るパフォーマンスが、近所のお姉さんのような親しみを感じましたね。

特にリードヴォーカルのバーニーは、いつもキュートな笑顔で、元気いっぱいに歌う姿が印象的でした。

彼女が亡くなった今、あの歌声を聴くことはできません・・・

 

Let’s Groove / Earth, Wind & Fire
(レッツ・グルーブ / アース・ウィンド・アンド・ファイアー)

1981年リリースのアルバム『Raise! (天空の女神)』の収録曲で、全米3位を記録しています。
ディスコでは定番のナンバーで、よく流れていました。

大ヒットでも3位止まりだったのは、10週にわたり1位がオリビア・ニュートン・ジョンのフィジカル、2位にフォリナーのガール・ライク・ユーが君臨していたんですね!

70年代初頭から活躍していましたが、日本では77年の「Fantasy」から人気が高まったのではないでしょうか。

彼らの楽曲は、ソウルフルだったりメロディアスでもあります。
大人数による演奏が醸し出す迫力のサウンド、そしてノリノリのグルーブ感がもう最高♪

フィリップ・ベイリーの高音と、モーリス・ホワイトのハーモニーが絶妙でしたね。

グルーブ創始者であるモーリスは、彼が思い描く世界観を表現し、素晴らしい作品を生み出しました。

今までありがとう。そして、お疲れ様でした。
あちらでも、音楽を楽しんでいるといいな・・・

 

Karma Chameleon / Culture Club
(カーマは気まぐれ / カルチャー・クラブ)

1983年のアルバム『カラー・バイ・ナンバーズ』からのシングルカット。
ビルボードで1984年に3週連続1位を獲得し、同時にバンド最大のヒット曲になりました。

日本では花王「ソフィーナ」や、NEC「VALUESTAR」のCMに使われましたね。

曲中の「カーマ/Karma」を女性の名前と思っている人は多いですが、実は「因果応報」に引っ掛けています。

あまりにもコロコロと気が変わる彼女に、そのうち大変なことになるよ~と注意しているんですね。

ヴォーカルのボーイ・ジョージはメイクも衣装も奇抜で、よく同時期に活躍したピート・バーンズと比較されたものです。

お互いに「元祖はボクだ!」と言ってますが、自慢するようなことかしら・・・(~~;)
 

SPONSORED LINKS

 

Billie Jean / Michael Jackson
(ビリージーン / マイケル・ジャクソン)

あのモンスターアルバム、『Thriller』からのシングルカットで1983年にリリース。
ビルボード1位に輝き、この曲で初めてムーン・ウォークを披露しました。

マイケル自身が、パパラッチやストーカーに苦しんだ経験を、歌詞に投影させているということです。

キング・オブ・ポップスの快進撃は、この「Billie Jean」から始まりました。
そして「Beat It」「Thriller」に続く流れは、今さら説明するまでもないでしょう。

しかしマイケルは、アルバム『Thriller』の大成功を境に、幾多ものトラブルに巻き込まれていきます。

世界中から注目されるスターのプレッシャー、有名人ゆえの苦悩は想像を絶するものだったと思います。

2009年6月、音楽業界は唯一無二の逸材を失ってしまいました。
まだ彼が生きていたら、どれほど素晴らしい名曲の数々が生まれていたことでしょう。

 

The Reflex / Duran Duran
(ザ・リフレックス / デュラン・デュラン)

1983年のアルバム『セヴン&ザ・ラクド・タイガー』からのシングルカットで、全米・全英ともに1位を獲得。

それまで彼らの知名度が高くなかった国も、軒並み上位にチャートインするなど、世界的に大ヒットしました。

日本では、サントリーQ(ウィスキー)のCMに使われましたね。

Duran Duranの全盛期にファンで、ヴォーカルのサイモンに恋してました(〃▽〃)
来日公演の武道館に行けず、悔しさで眠れませんでしたね~。

美形揃いのバンドだったので、顔で集めたんじゃないかという僻みも聞こえたり (^^;)

当初から人気はありましたが、The Reflexの大ヒットで雰囲気も洗練されて、カッコよさに拍車がかかりました♪

 

まとめ

80年代ヒット曲から、洋楽ディスコ前期のポップチューンを紹介しました。
この当時はまだ、「踊れるポップス」が主流でしたね。

メロディーが心地よいので、踊りまくるというよりステップを踏む感じ。
まあ、The Reflexあたりから激しくなりましたけど。

懐かしさに浸っている方も、ディスコ世代ではないアナタも、ヒットナンバーを思いっきり楽しんでくださいね~♪

※後期のヒット曲はこちらから。
80年代洋楽ディスコソング!踊りたくなる後期ヒット曲5選

 

SPONSORED LINKS

 - 洋楽(80年代メイン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

80年代の洋楽バラード男性編!必聴の名曲ラブソング5選

80年代の洋楽シーンは名盤・名曲の宝庫で、記録的な大ヒットのオンパレードでした。 …

クリスマスソング洋楽の定番!女性アーテイストおすすめ5選

聖夜にクリスマスソングは欠かせません。 ホームパーティーをするとき、恋人と2人で …

洋楽をドライブで聴きたい!夜のデートにおすすめの曲5選

恋人と夜のドライブ、素敵ですよね~♪ そんな時のムード作りに欠かせないのが、最高 …

80年代の洋楽ロックおすすめ!やる気モードを加速させる曲

ここ一番という大事なとき、音楽を聴くことで、やる気がアップしたり前向きになれたり …

クリスマスソング洋楽の定番!男性アーテイストおすすめ5選

クリスマスソングは洋楽定番の人気が高く、古くからのスタンダードやアーティストによ …

クリスマスソング洋楽の定番!永遠の名曲スタンダード6選

  クリスマスソングは、世界中で毎年のように生まれますね。 国内外アー …

80年代洋楽ディスコソング!踊りたくなる後期ヒット曲5選

  80年代後半の日本はバブル期で、ディスコブームが吹き荒れていました …

80年代の洋楽バラード女性編!夜に聴きたい名曲5選

世代を超えて長く愛されている楽曲は、バラードが大多数ではないでしょうか。 特に、 …