★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

80年代の洋楽バラード男性編!必聴の名曲ラブソング5選

      2016/09/09

80年代の洋楽シーンは名盤・名曲の宝庫で、記録的な大ヒットのオンパレードでした。

おすすめしたい曲は多々ありますが、今回は厳選したバラード男性編を紹介します。

いずれも、人気の高い必聴の名曲ラブソングで(2曲は切ない内容ですが・・・)、誰もが一度は耳にしたことがあると思います。

男性は歌詞に共感しながら、女性は素敵な彼氏を妄想して浸りましょう♪

 
microphone-805256_960_720
 

SPONSORED LINKS

 

Love Bites / DEF LEPPARD
(ラヴ・バイツ / デフ・レパード)

グループ初の全米1位に輝いた曲で、収録されたアルバム『Hysteria』は、累計で1300万枚を売り上げています!

繊細かつ複雑なハーモニーを醸し出すツインギターと、重厚感あふれるパッキングコーラスも魅力的です。

かなり刺激的かつ情熱的な歌詞で、ストレートに和訳するのは躊躇しますね (^^;)

 
愛する彼女に他の男性の影を感じてしまい、嫉妬と不安で悶々としてしまう。
そんな彼の苦悩が伝わってきます。

同じような経験がある方は、切ない思い出かもしれませんね (^^;)

この「Love Bites」をはじめ、数々の名曲を手掛けるギタリスト、スティーブ・クラークの訃報はショックでした。

1991年1月8日、まだ30歳という若さでした・・・

 

Carrie / Europe
(ケリー / ヨーロッパ)

大ヒットアルバム『The Final Countdown』の収録曲で、全米3位を記録しています。

スウェーデン出身のハードロックバンドで、シングル『The Final Countdown』は25か国で1位に輝いていますね!
 

 
彼女との関係は、もう修復が不可能・・・
今まで頑張ったけど気持ちは冷めている、この愛を終わらせるしかないという絶望感です。

ジョーイを悲しませるなんて・・・( ノД`)

ヴォーカルのジョーイ・テンペストは美形で長身、スタイル抜群な上に美しいハイトーン・ヴォイスが魅力的でした。
しかも、楽曲のほとんどを手掛けているのです。

スターの要素が全て備わっている彼に、世界中の女性ファンが夢中になりましたね♪
(ここにも一人 ^^;)

 

Open Arms / Journey
(オープンアームス / ジャーニー)

名盤と名高い『ESCAPE』に収録されている、ジャーニー最大のヒット曲です。
意外なことに1位にはなれず、5週連続で2位という結果でした。

映画『海猿』の主題歌にも使われたり、マライヤ・キャリーがカバーして大ヒットしたことでも知られています。
 

 
最愛の彼女を、大切に思う気持ちが伝わってきます。

スティーヴの切ない歌声で「そばにいて欲しい」なんて言われたら、喜んで引きこもりになりますわ~(〃▽〃)

「百万人に一人の歌声」と称される深く伸びやかなハイトーン・ヴォーカルは、誰もが認める逸材でした。

ジャーニーのシンボル的な存在でしたから、98年に脱退したときは寂しかったですね。

 

SPONSORED LINKS

 

Heaven / BRYAN ADAMS
(ヘヴン / ブライアン・アダムス)

世界中でヒットしたアルバム『Reckless』の収録曲で、全米1位を記録しています。

ジャーニーのスティーブ・スミスがドラムを担当していますが、ブライアンが彼らのツアーで、オープニングアクトを務めたのが縁ということです。

なお、『Heaven』はジャーニーの『Faithfully』に影響を受けているそうですよ (^o^)b
 

 
数々の苦難を乗り越えて、彼女への愛を再確認したのでしょう。

いくつもの辛いことを乗り越えたからこそ、一緒にいられることが、最高の幸せという気持ちが伝わります。

ブライアンの少しハスキーな、切なく甘い歌声にうっとりしますね~・・・

 

Nothing’s Gonna Change My Love For You / GLENN MEDEIROS
(変わらぬ想い / グレン・メディロス)

元々はジョージ・ベンソンのアルバム収録曲ですが、グレンの歌が全米で話題になり世界中でヒットしました。

グレンは当時まだ17歳という若さにもかかわらず、素敵な大人っぽい歌声とのギャップに萌えたものです (*^o^*)
日本では、杉山清貴や鈴木雅之がカバーしていますね。
 

 
17歳とは思えないスゥイート・ヴォイスで、「君への愛を誓う」なんて歌うんですもの・・・

あっという間に10代の女の子たちのアイドルになって、年上のお姉さま方のファンも急増した記憶があります。

この曲はビルボード13位でしたが、3年後にイメージ一新でリリースした『She Ain’t Worth It』は、見事1位を獲得しました。

 

まとめ

80年代の洋楽バラード男性編として、必聴の名曲ラブソング5選をお届けしました。

個人的な好みのチョイスとはいえ、楽曲のクオリティも素晴らしいし、いずれもヴォーカルの声が魅力的ですよね~♪

実は、バラードが最大のヒットというアーテイストやグループが多いのですよ。

向こうは感情表現がストレートなので、ドラマティックかつエモーショナルですわ!
続けて聴いていると、現実逃避したくなります(笑)

※女性編も紹介していますので、こちらもお楽しみください (^o^)b
80年代の洋楽バラード女性編!夜に聴きたい名曲5選
 
夜のドライブには、こちらもおすすめです。
洋楽をドライブで聴きたい!夜のデートにおすすめの曲5選
 

SPONSORED LINKS

 - 洋楽(80年代メイン)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

洋楽をドライブで聴きたい!夜のデートにおすすめの曲5選

恋人と夜のドライブ、素敵ですよね~♪ そんな時のムード作りに欠かせないのが、最高 …

80年代の洋楽バラード女性編!夜に聴きたい名曲5選

世代を超えて長く愛されている楽曲は、バラードが大多数ではないでしょうか。 特に、 …

80年代洋楽ディスコソング!踊りたくなる後期ヒット曲5選

  80年代後半の日本はバブル期で、ディスコブームが吹き荒れていました …

80年代の洋楽ロックおすすめ!やる気モードを加速させる曲

ここ一番という大事なとき、音楽を聴くことで、やる気がアップしたり前向きになれたり …

クリスマスソング洋楽の定番!女性アーテイストおすすめ5選

聖夜にクリスマスソングは欠かせません。 ホームパーティーをするとき、恋人と2人で …

クリスマスソング洋楽の定番!男性アーテイストおすすめ5選

クリスマスソングは洋楽定番の人気が高く、古くからのスタンダードやアーティストによ …

クリスマスソング洋楽の定番!永遠の名曲スタンダード6選

  クリスマスソングは、世界中で毎年のように生まれますね。 国内外アー …

80年代ヒット曲!洋楽ディスコ前期のポップチューン5選

  80年代の洋楽シーンは、70年代からの流れでディスコ・ブーム全盛期 …