★VARIOUS USEFUL INFO★

今すぐ知りたい様々な役立つ情報をお届けします♪

*

チョコレートで虫歯予防効果?!健康・美容に効く天然サプリ

      2015/10/20

チョコレートは大好きだけど、カロリーが高いしニキビや肌荒れの原因になるから、あまり食べられない・・・
よく耳にする話ですが、チョコは肌や身体に良くないという思い込みは、少し間違いです。

チョコレートは悪いどころか、原料のカカオ豆には優れた健康・美容効果があるのです。
肌荒れや高カロリーの原因は、製造過程で入る砂糖やミルクでした。

何気なく食べているチョコレートですが、しっかり選んで食べると、お肌にも健康にも良い、文字通り「美味しい」スイーツになります。
DSC_0600
 

SPONSORED LINKS

 

【健康に良いカカオの成分バランス】

チョコレートの主原料はカカオ豆ですが、以前は「薬」として重宝されていたほど、成分バランスに優れています。

カルシウムや鉄分、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれており、昔はカカオ豆をすり潰して飲用したそうです。

カカオの優れた健康効果は、まさに天然のサプリメントです。

虫歯予防に効果的な成分が含まれており、その分野で有名な緑茶やウーロン茶よりも、高い効果があるといわれます。
また、抗菌作用はもとより、歯垢ができにくい口内環境を整えます。

免疫力アップに有効な抗酸化作用により、花粉症などアレルギーの原因となる、活性酸素の働きを抑制する効果があります。
抗酸化作用の実力は、なんと緑茶の5倍ということです。

活性酸素は動脈硬化や胃がんの原因なので、その働きを抑える効果が注目されるのは当然のことです。
更に病原性大腸菌O-157や、ピロリ菌の増殖を抑える効果もあります。

 

SPONSORED LINKS

 

【美肌効果や記憶力アップも】

チョコに含まれるエピカテキンは、集中力や記憶力のアップ、さらにアルツハイマー予防の効果が期待できます。
チョコレートの香り自体にも、同様の効果があるといわれています。

ポリフェノールや各種ミネラルは、便秘解消や肌荒れ予防にも役立ち、ストレスの緩和やアンチエイジング効果もあります。
成分のフラボノールは、肌を日焼けによるトラブルから保護します。

多くの女性が気になるカロリーですが、カカオバターに砂糖が入ると高くなります。
ただし、カカオバター自体は脂肪分解の働きがあり、体脂肪率は上がりにくくなるということです。

実際に調査した結果でも、カカオ70%以上のチョコレートを食べ続け数値を確認したところ、8割の人が体重を維持したということです。
肥満指数(BMI)にしても、頻繁に食べる人ほど低い傾向にあります。

 

【チョコレートの正しい食べ方】

美容や健康に良いとはいえ、好きなだけ食べていては逆効果です。
また、チョコなら何でもOKというわけではなく、選ぶ基準や食べ方を守らないと効果は期待できません。

ミルクや砂糖が豊富なチョコは、悪玉コレステロールが大量に存在していますので、脂肪が気になる人は控えましょう。

カカオ含有率は70%、最低でも60%以上のチョコが理想的です。
一日に摂取する目安として、30~90g程度が良いでしょう。

ただし、テオブロミンという成分を摂り過ぎると、中枢神経に影響を及ぼすため、妊婦や月経前の人は控えるのが無難です。

 

【まとめ】

「美味しいけど身体に良くない」という思い込みで、大好きなチョコレートを我慢する必要はないのです。

こんなに美味しくて魅力的な食べ物が、美容や健康に絶大な効果があるのですから、食べない理由が見つかりません。
file0001382039571
チョコレートの効果を最大限に取り込むために、カカオ含有量をチェックして適量を心がけましょう。
チョコを食べて幸せな気分になると、より効果が上がりそうですね。

 

SPONSORED LINKS

 - 健康・美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

擦り傷を早く治すにはラップと湿潤療法!消毒は悪化の原因

擦り傷ができたとき、どのような処置をしていますか? 今までは傷口を消毒して乾燥さ …

咳を止める方法は湿布!はちみつ効果バッチリの自家製レシピ

  風邪や気管支炎で咳が続くと、胸は痛いし体力も消耗してしまい、何も集 …

正しい姿勢でパソコン操作してる?悪い姿勢は心臓疾患やうつ病も!

あなたは、正しい姿勢でパソコン操作していますか? PCに向かう時間が長いほど、肩 …

過敏性腸症候群の治し方!ガスや腹痛にミントオイルが効果的

過敏性腸症候群(IBS)は、世界で最も一般的な機能性胃腸障害といわれています。 …

顔のシミを消す方法!自宅で薬要らずの安全な最強レシピ2選

  鏡を見るたびに、現実逃避したくなる管理人です。 気が付けば顔のシミ …

イソプロピルアルコールの用途!こんな症状にも使える殺菌効果

  消毒用アルコールには一般的なエタノールと、イソプロピルアルコール( …

パイナップルアイスの作り方!生クリームなしの簡単レシピ

夏に限らずアイスを食べる人も多く、ヘルシー志向から手作りアイスが流行っています。 …

熱中症対策の塩分補給!必要な場合と適切な摂取量

猛暑のシーズンになると、熱中症が心配になります。 最近では炎天下の屋外だけでなく …

はちみつレモンドリンクの効果!飲み続けたら驚きの変化が?

はちみつ&レモンは、アスリートなどの疲労回復に役立つアイテムの一つです。 最近で …

危険な食品リストにトマト缶!医師が確実に避ける食べ物に衝撃

口に入れたら危ない食べ物といえば、毒の成分を持つ不気味な植物や、菌の温床である生 …